2006年02月07日

『お買い物ナビカート』 電子タグ利用

イオンは6日、富士通と大日本印刷と共同で、買い物の案内をする『お買い物ナビカート』の実証実験を始めた。
商品の陳列棚に電子タグをつけ、読み取り機を近づけると、料理のレシピやアレルギー物質の使用状況などの商品情報がショッピングカートの画面に表示される。
買いたい商品の位置を検索したり、価格を確認することもできる。

実験場所のジャスコ八千代緑ヶ丘店では、食品売り場の陳列棚に電子タグ付きの札がつけられ、約500商品の情報が分かるようになった。
同様の試みは、すでにファミリーマートや三越などでも始まっている。



商品情報が意識的に目に入り、安心感が増しますね。
野菜ソムリエが登場したという話もあるし、買い物がますます楽しくなりそうだ!
posted by maha at 08:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の気になるッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。