2006年02月19日

スープカレー

札幌発祥の「スープカレー」が、新たな北の味覚として大ブームを巻き起こしている。
今や、札幌市内には200店舗近いスープカレー店がある。

スープカレーの特徴は、香辛料が効いたサラサラのスープ。
具財は野菜や肉、魚介類など多様で、地元産や季節の食材を生かしたメニューも目立つ。
(2006.2.19 読売新聞より)



札幌といえば・・・ラーメンだが、先の北海道旅行でも、ラーメンを食べた。

しかし、一番おいしかったのは『スープカレー』!


IMGP1870.JPG


IMGP1872.JPG


2006.2.14 札幌駅を大通方面に出て、線路沿い(右手に)を5分ほどいったところにある
『hirihiri』

辛さのレベルがあるのだが、メニューに辛さ3がおいしいとあったので、それを頼んでみた。


辛い!
かなり辛い。

顔から汗。そして、鼻から鼻水。
おなか、特に胃の辺りが熱くなります!


聞くところによると、辛さ2で一般家庭の辛口とのこと。

辛さ2で食べれば、おいしく食べれるんだろうなー。
でも、おいしかったです!!
posted by maha at 12:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和証券 新卒採用を倍増!

証券大手の大和証券は18日、2007年4月入社の新卒採用人数を、前年度の約2倍にあたる950人に増やす計画を明らかにした。
株式投資ブームを受けて、個人投資家向けの営業体制を強化するのが狙いで、他の証券会社にも同様の積極採用の動きが広がりそうだ。

特定地域内の支店だけに勤務し、原則として転勤に伴う引越しの必要がない「エリア総合職」を前年比3倍の450人に拡大するほか、通常の総合職も250人から350人に増やす。

法人向け専業の大和証券SMBCなどを含めた大和証券グループ全体では、前年比8割増の1400人程度となる。

採用の拡大に合わせて首都圏を中心に支店数も増やし、富裕層を中心に個人顧客の取り込みを図る。
(2006.2.19 読売新聞より引用)



ネット利用による個人投資家の増大、団塊世代の大量定年退職を受けての人員確保でしょうか。
私は、欲しい株が自分の手にしたい株価にならないので、まだ株を買ったことがありませんが、いずれ買ってみたいと思います。(株主優待目当てで)
東証が取引増によりシステムダウンするなど報道されていますが、人員増により、スムーズな株取引ができるよう努めて欲しいものです。
posted by maha at 11:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。