2006年01月11日

意思表明

6ヶ月間一生懸命働いて、辞めようと決意した私。


しかし、決意をしたところで、何もしないままでは、辞めることはできない。

辞める意思を会社に伝えなければ何も始まらないのだ!

社会人1年目の私は、もちろん会社を辞めた経験はない。
一体どうすればいいの?

まずは相談

幸い、私の父は会社で総務をやっており、採用関係の仕事もやっていたので、辞めるときは普通どうするのかといった情報がある程度手に入った。


うちの会社も、採用関係は総務が担当していた。

と、いうことで、総務に相談のジャブを入れる。
「前から色々と考えた結果、どうしても挑戦したいことがあるので、辞めようかと思っているのですが…」

私の目標は、あくまで円満退社。
いきなり、「辞めます」では、相手の印象もよくないだろう。
ここは、あくまでジャブ。
相手に引き止めの余地を軽く与える程度に、多少迷いが残っている感も伝えてみた。


私の場合、まだ研修中だったので、直属の上司がいなかった。

普通は、一番最初に上司に伝えるのでしょうか。

続いて、研修を企画している上司に意思表明。
「色々と考えた結果、どうしても挑戦したいことがあるので、辞めようと思っています。」

ここは、相談でなく意思表明!
辞めたいという意思を、ハッキリと伝える!
円満退社でも、ズルズルと時間が過ぎてしまっては、自分にとってメリットはない。


ここで、効いてくるのが一生懸命働いているという事実!
そして、総務への相談。

実は、この上司に意思表明する前に、辞めたいと相談されたという話が伝わっていたのだ。

一生懸命働いていたからこそ、悩んでいるのが本当なのだということが相手に伝わる。
そして、辞めるのが惜しい感をもたせることができる。


事実、「最近なんかおかしいと思ったんだよな」
「会社としては、お前ほどの人材は失いたくない!」
「会社の人間としては、止めたいが、個人的には応援したい」
「お前のことだから、軽はずみな考えではないはず。止めたところで、考えは変わらないんだろう?」
ってな感じで、話は進んだ。


辞めるからといって、手を抜いた仕事をしていると、
「あっ、そう…」みたいな感じで完全に負け試合になっていただろう。

円満退社するなら、一生懸命働くこと!
そして、真剣に悩んでいるところを悟らせること!
posted by maha at 00:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11558297

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。