2006年01月21日

台湾が半年有効ビザ発給

台湾外交部は、55歳以上の日本人退職者を対象に、最長180日間台湾に滞在できる特別な数字査証(マルチビザ)を2月1日から発給すると発表した。

現在、日本人は観光目的の場合において、ビザは不要とされているが、滞在期間は30日間に限定されている。

マルチビザの発給費用は8800円で、発給対象者は5万ドル(約580万円)以上の財力証明書類などが必要となるが、配偶者には年齢制限はない。



団塊世代の方々!プチ海外生活を楽しんでみてはどうでしょうか。
posted by maha at 13:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12013321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。