2006年01月23日

銀行融資に変わり種担保

金融機関が、食品、ブランドなど変わり種の担保を使った融資を増やしている。

非常にユニークに富んでおり、昆布とにぼしを担保に融資を決めた例もある。

背景には、中小企業への融資が、期待するほど成果が上がっていないからだ。

90年代以降、厳しい淘汰の時代が訪れ、生き残ってきた中小企業は、だいぶ体力が回復しており、金融機関への依存度を減少させている。
借り渋りというわけだ。

皮肉な話ですね。

景気回復基調にある現在、お金を回す、銀行には頑張ってほしいものです。
posted by maha at 20:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。