2006年02月09日

省エネ家電 5段階格付けラベル

経済産業省は8日、エアコンなど家電製品の省エネルギー性能を5段階で格付けし、店頭で表示する全国共通のラベルを4月1日から導入する方針を固めた。
対象はエアコン、テレビ、照明器具、冷蔵庫の4品目で、格付けは星マークを1〜5個表示する方向だ。
将来的には他製品にも広げるとしている。

4月1日から施行される改正省エネ法は、小売業者に対し、エネルギー消費効率などを表示する努力義務を課す。
これに合わせ、全国共通ラベルの普及を図り、製品の省エネ性能を比較しやすくするのが狙いだ。
(2006.2.9 読売新聞より引用)



イメージ的には、自動車の後ろについている星マークでしょうか。
購入の際、一つの判断基準となり、購買意欲を後押しする材料となりそうだ。
また、各社省エネ対策に力が入り、より環境に優しい製品の登場につながると思う。
posted by maha at 08:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13014274

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。